灘五郷・嘉納家の上納金

江戸城消失に嘉納家、1100両を上納

文久三年(1863年)11月13日、江戸城本丸、二の丸、西の丸が焼失する。二の丸・西の丸は再建されるが、本丸御前は再建されないままとなった。

(幕末維新史年表より)

江戸後期、下り酒で大きな利益を上げた灘の酒造業。人呼んで灘五郷。
材木業を営んでいた嘉納家は、1660年(万治元年)ごろに酒造業を始めました。
本家・嘉納治郎右衛門が継いだ「本嘉納家」と先代が末子とともに起こし、代々嘉納治兵衛を名乗る「白嘉納家」両家はそれぞれ灘で酒造りを始めます。
江戸末期(1840年)に灘(西宮)で日本酒造りに最適な湧き水「宮水」を発見して灘の一帯は優良な日本酒生産産地となります。
一方で幕末には、物価の高騰や物不足、政情不安に耐えられず撤退する中小の酒問屋が多数ありましたが、白嘉納家は堅実な商売をしたおかげで順調な酒造りの元、販売シェアを増やしていきました。
名の通った酒蔵・大問屋となれば、為政者からの期待や要望が高まり、幕府からは折々にふれ上納金を要求されます。
黒船来航に伴う沿岸警備費用に 1,000両
江戸のかなめ、台場の建築費に 900両
江戸城本丸の延焼した際には  1,100両
第二次長州征伐の遠征費に   3,000両

こうして嘉納家は、幕末の江戸幕府を下支えしていました。

上納金を支払うだけでなくもう一方で、政府とともに新たな商売も計画しています。
幕府主導で修交条約締結後に兵庫・神戸あたりに開港を予定。新たな貿易港の窓口となるため外国に対して西洋風カンパニー(商社)設立を計画。
白嘉納家はここにも出資して5代目嘉納治兵衛が世話役に就任していましたが、しかし計画途中で幕府が倒れ、白紙となってしまいます。
明治期以降「本嘉納家」は菊正宗酒造、「白嘉納家」は白鶴酒造となり日本酒のパイオニアとして続いています。

豪商たちがつくった幕末維新 より抜粋