咸臨丸、出航

このあと半年というものは、竜馬はひまさえあれば小竜の屋敷にあそびにきてその夢をものがたった。
小竜もそのうちだんだん竜馬の夢に乗せられて、本気で艦隊建設のはなしを談ずるようになった。(竜馬がゆく2-P190)

遣米使節団 咸臨丸が品川を出港する。

幕府はアメリカと日米修好通商条約の批准書交換(国家が条約に拘束されることに同意する手続きのひとつ)するための使節団が乗るアメリカ軍艦ポーハタン号の護衛艦として咸臨丸を随行させる。
この機会に海軍技量を試す訓練として、軍艦奉行・木村芥舟、艦長・勝海舟、通訳中山万次郎、木村の従者として福沢諭吉などを乗船させた。

咸臨丸は幕府がオランダに発注して、安政四年(1857年)に建造された木造蒸気船で、長崎海軍伝習所、江戸の軍艦操練所で練習船に使用していた。

安政7年(1860年)1月13日に品川を出港。1月18日に横浜に寄港し、19日に浦賀を出港する。

品川神社