岡上新輔(樹庵)

安政元年十一月二十八日

「あら、竜馬」乙女は嬉々とした声をあげた。
「今度の地震でかえってきたのですね」
ほどなく、義兄の岡上新輔が戻ってきた。「きちょったか」
「どうせしばらく江戸には戻らんのじゃろ。乙女、うんと馳走してやれ」
「サーチ」
「サーチならよかろう。江戸の黒船騒ぎはどうじゃ」と根掘り葉掘り訊いた。さすが若い頃長崎に留学していただけあり、海外の動きに敏感な神経をもっていた。
「すると竜馬は、攘夷党じゃな」
「もちろんそうです。アメリカはばかにしちょります」
「そのばかどもは、どえらい文物をもっちょる。医術だけじゃなく黒船大砲どっさりもっちょる」


写真:中国医薬の祖神 神農炎帝(しんのうえんてい)
商売の神 百草を嘗めて効能を確かめ、医薬と農耕を諸人に教える

memo 皿鉢料理

土佐のハレの料理・サーチ料理。
南国土佐の海の幸が豊富で、大きな一皿に芸術的な盛り込みが目を引きます。
なまもの(鰹たたきや刺身)・寿司・組み物 の3種類を盛り込むのが基本となります。
組み物は、土佐天という揚げかまぼこ、煮物、酢の物を総称したものです。
土佐名物のたたきといえば、鰹たたきが浮かびますが、ウツボのたたきも絶品です。

memo 岡上新輔

乙女は「坂本のお仁王様」と呼ばれたぐらいで、大きな人でした。竜馬とほぼ背丈が一緒で、五尺八寸(約175cm)もあったと言います。そのせいなのか、なかなかお嫁にいけなかったのですが、岡上新輔という医者に嫁ぎます。

子供の教育法もユニークでした。その子供の友達が遊びに来ると、小さい子供であっても紳士、淑女として待遇する。一つでいいのに、お菓子を必ず二つ出したそうです。台所なんかどうでもいいが、そういうことだけはきちっとしたい人だったようで、本来家庭におさまる人ではなかったのかもしれません。

案の定、乙女は結婚相手が気に食わなくなってしまいます。実家に帰ってしまい、この後の人生をどう過ごすか悩んだ揚げ句、弟に手紙を書きます。もう別れたいのだと乙女にしては湿っぽい手紙を書いています。