高杉晋作 奇兵隊を結成

長州の沿岸砲台は、外国軍艦との交戦で完敗した。
砲兵だけでなく、長州海軍も二隻の軍艦を失って、完敗した。
さらに長州藩を極度に緊張させたのは、六月五日、フランス艦隊と戦って敗北した陸軍の敗報である。
これは藩庁を狼狽させた。
「陸軍ならば」
と思っていたのだ。
日本じゅうの武士がそうおもっていた。

翌日、山口の藩庁に、維新回天史上の天才高杉晋作をよび、すぐ起用している。
高杉は、すぐ「奇兵隊」の構想を言上し、即座に認可されるや、下関(馬関)にとび、ここで士農工商の階級を撤廃した志願兵軍隊を創設している。
これが敗戦の翌日の六月六日。
高杉晋作、このとき二十五歳。
竜馬は、高杉とはまだ一面識しかない。

竜馬がゆく4 P65

高杉晋作、奇兵隊結成

武士の主戦場の陸上戦であっさりと外国兵に破れてしまった長州藩は、武力の強化を急ぎました。そこで、高杉晋作が「奇を以って虚をつき敵を制する兵をつくりたい」と周布政之助に進言すると、長州藩主・毛利敬親の許可が出て、下関防備を命じられ、私設部隊を募集します。
高杉が作った奇兵隊は、志願兵による部隊で、藩士だけでなく藩士以外の武士・庶民、農民など、身分にこだわらず入隊させました。
師匠である松下村塾の塾主・吉田松陰の『西洋歩兵論』などから西洋の戦闘を取り入れ、近代的な最強部隊を編成することに。
江戸時代の戦法は、指揮官を中心に密集して相手とぶつかり合う方法でしたが、それでは鉄砲隊の餌食になります。
そこで、全ての兵に鉄砲を持たせ、指揮官の指示が届かなくても1人で判断して戦えるように訓練しました。
そのため、農民上がりの兵にも鉄砲の使い方、一人で戦地を走り回る体力をつける、さらには、兵法の考えや孟子などの「教養」も教育しました。
そして長州最強の立派なソルジャー軍団が出来上がりました。

しかし、当初は武士以外を混じる混成部隊を、武士の隊がばかにしていました。
そのうち、藩士が組織する撰鋒隊たちが「百姓兵」「烏合の衆」などとバカにするいざこざが発生。お互い奇襲をかけてついには死者を出す騒ぎに。
この事件の責任を問われた高杉晋作は結成からわずか3ヶ月程で奇兵隊総督を罷免されることに。

長州軍奇兵隊

長州藩には100もの諸隊があった中で、なぜ奇兵隊が有名なのかと言うと、その「強さ」に他ありません。
のちに幕府軍と長州軍が戦った時には、幕府側の史料を見ると、戦った相手を「長州藩兵」ではなく「奇兵隊」と記述。
奇兵隊が関わっていない戦いにもそのように記述されるほど、強力な長州藩=奇兵隊の名がとどろきました。

運気乱高下の高杉晋作

暴れまわる高杉晋作
文久二年4月(1862)に上海視察に行き、アヘン戦争の傷跡と欧米列強の脅威を痛感した高杉晋作は、8月に脱藩を試みて連れ戻されます。
11月に江戸で外国人暗殺計画を立てたが、藩にバレて未遂に。
12月には英国公使館焼き討ちを決行。ひたすら過激に走った期間です。
一方で長州藩は、朝廷の権威を借りて幕府に攘夷を迫るという方針。
「これがうまくいっても、欧米列強と戦っても勝てない。まずは富国強兵だ」と高杉が訴えても藩の役人たちは聞く耳を持ってくれませんでした。

世捨て人、高杉 東行 晋作
憤慨した高杉は、文久三年三月(1863)京都で10年間の休職願いを出します。完全に藩の主流から外れた高杉は、頭を丸め「東行」を名乗って歌人になります。(西行法師をもじって)
手を焼いた藩は高杉を長州・萩に退去させ隠棲生活がはじまりました。

突然、表舞台に登場!
文久三年五月十日に開始した下関砲撃事件。しかし海外が反撃すると、抗うこともできずにあっという間に大敗を喫します。
高杉晋作が進言していた通りに外国との力の差を知った長州藩は、敗戦の翌日6月5日に高杉呼び出して意見を求めたところ、今までの武士のやり方とは違うゲリラ軍の創設を提言。
翌日の6月6日、下関防御役として奇兵隊が誕生しました。

三ヶ月で総監督クビ
武士だけでなく、農民や商人など誰でも参加させた奇兵隊に対して、武士の正規軍が「農民軍」などと馬鹿にするいざこざが勃発。互いから死者が出るまでになって、ついに高杉は責任を取り、ほんの三ヶ月あまりで下関防御の総監督の役職を解かれてしまいました。

二ヶ月で大任を任される
この文久三年八月は、長州藩にとって屈辱の八月十八日の変が起こったとき。
緊急時に頼られ、10月に藩主の側近中の側近である奥番頭に就任することに。新知百六十石を給せられる大栄達を遂げます。

エリートから一転、投獄される
京都での戦いを穏便に済ませようと画策する長州藩でしたが、京にむけ進発をたくらむ来島又兵衛の説得を失敗した高杉晋作。その後の責任を取って元治元年(1864)3月に萩城下の野山獄に投ぜられます。さすがの高杉晋作も自分の運も尽き果てたかと覚悟しました。

男児事を成す あに時なからんや
たとい市井の侠客と呼ばれても
一片の素心 未だ敢えて差わず

男が事を成すには、そのときがある。たとえ市井の侠客と呼ばれても、胸底にある一片のまごころはかわっていない。