勝邸に… 海舟と子供

「お父様」
といったのは、ことし十四歳になる次女の孝子である。のち、旗本の疋田氏にお嫁入りした娘で、なかなかの利発者であった。
「裏の木戸のそばに、毎夜、浪人者がすわっているのをご存じでございますか」
「どんな男だ」
「大きい人でございます。刀を抱いて居眠りをしていらっしゃいます。」
「そいつは、きっと竜馬だよ」
(竜馬がゆく3 P229)

勝邸の人々

勝は、正妻の民子の他に、梶球磨(お久)・増田糸・小西かね・清水とよ・森田米子ら五人の妾さんがいました。多くの子供ももうけています。

正妻の民子は、深川で芸者をしていて勝より2歳年上。勝が23歳の時に結婚します。貧しい時代を支え、二男二女を授かりました。
幕府に仕え出世しだした勝は、長崎伝習所時代(34歳)に、当時14歳だった梶玖磨さんを妾にします。息子(梶梅太郎)を授かるも玖磨さんは25歳で亡くなりました。
咸臨丸で渡米する前に出会ったのが増田糸さん。逸子(現:専修大学の創立者・目賀田種太郎夫人)、八重の2人の子を授かります。
そして、勝は妾に別宅を用意するのではなくて、なんと、お民さんのいる自宅に使用人として彼女を迎え入れます。
赤坂氷川邸で働く使用人・小西かね(兼)との間にも、義徴(岡田義徴(七郎))が生まれます。
アメリカ視察や幕末の動乱時、西に東に忙しく飛び回る勝を、お民さんは妾さんと多くの子供と一緒に暮らしていました。

勝は近所の旧幕臣の娘・とよさんにも手を出しました!この時、勝は62歳!!
五女となる妙子を授ります。とよさんは後に暇を与えて香川家に嫁ぎ「香川とよ」となりました。
この後にも 赤坂氷川邸で働く使用人・森田米子さん も妾としています。

正妻の民子は、温厚な性格だったといわれています。妾とその子らとともに同居して異腹の9人の子供を分け隔てなく可愛がり、屋敷の人々から「おたみさま」と呼ばれて慕われました。
お民さんはのちに遺言で、勝と同じお墓に入ることは拒否したといわれています。

増田糸の娘・逸子 (目賀田逸子)

『その頃、龍馬の訪問を誰よりも待っていた少女がいた。勝海舟の娘・逸子である。後年、マスコミなどに勝邸におとづれた時の龍馬の様子を語っていた。
「坂本さんは、顔に薄いあばたのある面長な人でした。髪をいつも総髪にしていました。首を左右に細かく動かすのが坂本さんのクセでした。
「坂本さーん」座っている後ろへ廻って首っ玉にしがみつきますと、坂本さんはものも言わず立ち上がって、右腕に私の帯を支えて、ぐっと天井高く差し上げ、再び畳に打ちつけるように頭の方からくるっと私をどんでん返しにするのでした。お転婆な私は、それが嬉しくて、坂本さんが来るといつもそうして遊ばさせていただき、坂本さんもまた、大変私を可愛がってくれました。』
(聖徳を仰ぎて より/歴史人P66)

お妾さん

桂米朝さんのまくらに
『江戸では「お妾さん」といいますが、上方では「御手掛けさん」ともうしました。ところによって、目をかけるか手をかけるか。上方の方が直接的な表現ですな・・。』とありました。
今の時代では、有名人や公人たちの浮気がバレると大スキャンダルで人格抹殺されていますが、江戸時代ではおおらかなものだったのでしょう。
夜中じゅう自宅と妾宅を往復させられる「権助提灯」
自分と妾さんとのどちらを旦那が好いているか占う「悋気の独楽」
トビのお頭の家と、剣術道場の間に挟まれ、乱暴者たちで困ると旦那に愚痴をいうことが発端の「三軒長屋」など、妾さんの登場する噺は数え上げるときりがありません。
落語の世界にも残っているように、当時は当たり前に妾という地位が確立されていました。