江戸の夕映え

安政三年秋

桶町千葉に帰ると、師匠の貞吉も重太郎も涙をにじませて喜んだ。
重太郎は、小柄で美しい内儀をもらっていた。
「八寸、酒」と重太郎はちょっと威張って命令した。
「竜さん、女房はいいものだぞ。貰ったらどうだ」
「あんたのような惣領ではない。われわれ次男坊は、女房など自立する道がついてからだ」
「あんたの腕なら、あと一、二年で立派な町道場主になれる」
「師匠筋のあんたから言われるとうれしいが、わしはそういう安穏な一生はおくるまい」
「竜さんの一生はどんなんじゃ」
「よくわからん」
やがて、お八寸が酒肴をはこんできた。後ろからやはり膳部をはこんできたのはさな子であった。
(いよいよ美しくなった)

memo 江戸時代の奥様の呼び方

奥様 は、旗本以上の大身の武士の妻女の呼称で、下級びしや御家人、町方同心などの場合は、ご新造さま。これは、若妻だけでなく年配でもその身分ならご新造さまと呼ばれた。
また文化年間(1804年頃)以前は「かみ様」と称した。
町家ならおかみさんが一般的。

一方で上方では、武家町人の使用人は家の大小に関わらず奥様と言っていた。
大坂では、富家や医者の内儀を奥様と呼び、中級以下はお家様(おいえさま)。新婦にはご寮人といっていた。

渡世人の親分の妻は、おかみさん
兄貴分の妻が 姐さんと呼んでいた。
親分の妻を姐さんと呼び出したのは山口組三代目田岡組長の頃以降に主流になったもよう。
甲州やくざだけ親分の相方をあねさんと呼んでいた。それは甲州では正妻を待たず妾として付き合っていたかららしい。
(文春文庫 考証要集より)