女正月_お田鶴さま

安政二年正月十五日
この日は女正月なのである。城下の女どもが誰も彼も着飾って一日遊び暮らす。

その日午後、突然、家老福岡家のお田鶴さまが現れて坂本家は家じゅう大騒ぎになった。
竜馬の部屋で、お田鶴さまは江戸での様々なことを聞いた。お田鶴さまに引き出されるままに喋っていると、竜馬は、自分でも今まで考えていなかった考えが次々に湧いてきた。(利口な人だ)
「お田鶴さまは、今の日本では滅んでしまうと思います。何をすれば良い、と思いですか」
「難しい議論より大砲と軍艦をたくさん造れば後は自然に道が拓けてくると思います。ただその軍艦を腰のない役人にもたせてもどうでしょう。今の幕府では日本を持ちきれませぬ。坂本様、皆さんで倒しておしまいになれば?」
お田鶴さまは言うに事欠き「幕府を倒せ」と言う。

「はい、これ」いつの間に作ったのか、折り紙細工である。

竜馬がゆく より

女正月

小正月と呼ばれる1月15日、または14日から16日の3日間、1月の満月の日である「望の日」(15日)の別名を女正月(おんなしょうがつ・めしょうがつ)と言います。

 昔の女性たちは、暮れは大掃除やおせち料理作り、年始は親戚や年賀客の接待で、年末年始はとても多忙でした。それらが一段落して、ようやくひと息つけたのが、松の内が終わる小正月の日。家事から解放されて、実家に帰省したり、年始の挨拶に親戚に出向いたり、寺社に参詣したり、着飾って芝居見物に出かけたり、女性同士で酒宴をひらいたりして、骨休みをする日でした。

memo お田鶴さま

竜馬がゆくで登場するお田鶴様は創作の人物。
その元となったのは、平井加尾だとされています。
坂本龍馬の幼馴染で、和歌や文筆をたしなみ、龍馬の姉・乙女とは琴を習う稽古仲間で、坂本家とは家族ぐるみの付き合いがあった。兄の収二郎は、土佐勤王党員。
山内容堂の妹が京・三条家に嫁いだのち未亡人となったおりに侍女として上京。京では土佐出身の志士の援助もしていました。
明治維新後には、土佐勤王党員の西山直次郎と結婚しています。

作品中のお田鶴さまは、土佐藩家老福岡家の娘。坂本家は福岡家預り郷士である。のちに三条実美に仕える。身分の差を越えて竜馬を愛している。
司馬遼太郎作品の「龍馬伝」と「竜馬がゆく」の違いが、お田鶴さまなど架空の登場人物があることとも言われています。