安政二年

安政二年正月一日

正月三日は家で過ごし、その後は、知人の家を訪ね歩いた。
友人とは入っても、一番気が合う武市半平太は江戸に戻っていたので、あとはそれほど気の合うものはいなかった。