竜馬がゆく(1)

出立〜からたちのまじない〜

出立〜からたちのまじない
大歩危大歩危
岡崎の浦
鳴門海峡千石船
高麗橋人斬り以蔵,岡田以蔵1
三十石船三十石船 〜夢の通い路〜(落語),桂文枝
伏見寺田屋竜馬も飲んでた?伏見の女酒
六本矢車龍馬の家紋
吉田宿宿場の間にある、間の宿や茶屋
潮見坂富士山
あぎ武市半平太1
べこのかあ土佐弁
仙台平千葉佐那1
八相の構え剣道のかまえ

竜馬19歳にして、江戸への剣術修行に旅立つ。

黒船来航

予兆ペリー琉球王国に現る
黒船来航 第一夜の指示は、与力 中島三郎助の憂鬱1,中島三郎助
わしは、雑兵じゃな与力 中島三郎助の憂鬱2
甲冑、刀槍与力 中島三郎助の憂鬱3
黒船生け捕り
一隻で大名じゃ与力 中島三郎助の憂鬱4
いかん、戦じゃ与力 中島三郎助の憂鬱5
夷狄(いてき)うつべし与力 中島三郎助の憂鬱6
ペリーの来日計画マシュー・カルブレイス・ペリー
徳川 家慶 死没与力 中島三郎助のその後

竜馬、黒船と出会う。ペリー艦隊の傍若無人な振る舞いを見聞きし、幕府の弱腰な態度を皆が口にする中で[攘夷]の考えをもつ

朱行灯

旦那は人が斬れますかね仇討ちのルール
お冴岡場所
ウフ。泥棒さ父坂本八平直足宛 ,龍馬最古の手紙
クルミア戦争開戦クルミア戦争開戦
顔を貸せと言うのかね
13代征夷大将軍 徳川家定13代征夷大将軍 徳川家定

竜馬、黒船と出会う。ペリー艦隊の傍若無人な振る舞いを見聞きし、幕府の弱腰な態度を皆が口にする中で[攘夷]の考えをもつ

竜馬、謀者となる

佐久間象三に学ぶ佐久間象三
築地下屋敷日本海軍発祥の地
ペリー再来長州藩の成立ち1
そのおつむ、どうなされたの長州藩の成立ち2
品川屋敷へ長州藩の成立ち3
ご家老 山田八右衛門長州藩の成立ち4 航海遠略策
土佐藩陣地から出立長州藩のふぐ
宮田村の長州陣屋長州藩 高杉晋作の好物
長州藩の接待長州藩 名物
たちあい長州藩の収入
わしぁ謀者よ
鶏鍋
謀者竜馬の帰還

竜馬、黒船と出会う。ペリー艦隊の傍若無人な振る舞いを見聞きし、幕府の弱腰な態度を皆が口にする中で[攘夷]の考えをもつ

寅の大変

男子三日見ざれば刮目せよ薬食い,豚
門付芸人厄払い
コオロギの声女郎の見請け、落籍 ひく
船宿_骨釣り骨釣り
狐につままれる 憑き物憑き物
三十本勝負八百長
ボヤ騒ぎ 防災江戸の防災
嘉永の地震嘉永の地震
地震騒ぎ_ロシア海軍遭難プチャーチン・ディアナ号の遭難
寅の大変安政南海地震,稲むらの火
帰郷 安西に改元安政元年